バックナンバー 第191回~第200回

第191回 自分の短所ばかり気になってしまう人にオススメ

おススメ本
  松江キャンパス 図書館職員 池田理絵
  私のオススメ
   『夜明けのすべて』

   瀬尾まいこ 著
   文春文庫 2023年9月発行

 この小説は、小さな金属会社に勤めるPMS(月経前症候群)を患った美紗とパニック障害を患った山添。同じ職場の男女2人が互いの病気を知ったことから始まるお話です。
 2人は悩んだり、迷ったり、立ち止まったり、時には感情をぶつけ合ったりしますが、お互い他人から理解しづらい病気を患っているからこそ、次第に同志のような気持ちが芽生え、不器用ながらも助け合い、少しずつ前を向いて歩き始めます。
 読む前は、PMSとパニック障害という二つの病気の苦難がテーマとなっているので、重たい話なのかなと思っていましたが、主人公2人のクスっと笑ってしまうようなやり取りや絶妙な距離感、2人を支える周りの人たちがみんな優しい人ばかりで、読み終わった後はほっこり、温かい気持ちになれるお話でした。
 人は、生きていると様々な困難にぶつかったり、自分の至らなさに落ち込んでしまうことがあると思います。でも、人は誰しも完璧じゃないからこそ、足りないからこそ、お互いに補い支え合って生きている、だから、できないことを嘆くのではなく、自分なりにできることは何かを考えてやっていくことが大切なのではないかと、私はこの小説を読んで、強く思いました。
 また、この小説は、映画化が決まっており、松村北斗さんと上白石萌音さんのW主演で2024年2月9日に公開されます。主人公2人のやり取りがどのように映像化されるのか、また、原作との比較もとても楽しみです。個人的には先に原作を読んでから映画を見るのをおすすめします。

 

第192回 やさしくなりたい人にオススメ

おススメ本
  松江キャンパス 図書館司書 野津 恵
  私のオススメ
   『へいわとせんそう』

   たにかわしゅんたろう 文 / Noritake 絵
   ブロンズ新社 2019年3月発行

 この本は、タイトルの通り、「平和」と「戦争」をテーマにした絵本です。本を開いて左には「へいわのボク」が笑って胸を張って立っていて、右には「せんそうのボク」が悲しそうな顔でしゃがんでいます。このように、短い言葉とモノクロのシンプルな絵で、平和と戦争を比較しながら進んでいきます。
 私がこの本を知ったのは、保育園の保護者研修会のときでした。読み聞かせの講師の方が、「子どもに戦争のことを伝えるのは刺激が強すぎる。でも、この本の表現ならいいと思う」と紹介され、さらっと読んでくださったのですが、優しいながらも強いメッセージがある内容に、大きく心を動かされました。戦争が悪いとか怖いとか悲しいとか、正解や感情を決めつけるように書いていないところも、自分なりに考え、感じることができていいなと思います。
 それでは、「みかたのかお」と「てきのかお」は、どのような違いがあると思いますか?その答えのひとつが、この本の中にあります。ぜひ手に取ってみてください。

 

第193回 自分の名前を検索したことがある人にオススメ

おススメ本
  松江キャンパス 図書館専門員 北井由香
  私のオススメ
   『同姓同名』

    下村敦史著
    幻冬舎 2020年9月発行

 同姓同名、このタイトル通り同姓同名の登場人物が10人も出てくるこの小説。
 怒涛の展開で話は進み、あっという間に物語に引き込まれてからのタネ明かし。読者も登場人物たちも、最初から最後まで名前に振り回され、名前に捉われ、最後は、見事に名前に裏切られます。
 そうです、私たちは、誰も思いも寄らない結末を迎えることになるのです。
 まさに叙述トリックを使ったミステリー小説。最後の最後の最後まで絶対に気を抜かないで読んで下さい。


※バックナンバーはこちらです