バックナンバー第101回~第110回

第101回 ”サンタクロースを信じない人”にオススメ

オススメ本
  図書館 学生アルバイト 福田倫世
  私のオススメ
  『サンタクロースっているんでしょうか?』

   ニューヨーク・サン新聞社説/中村妙子訳/東逸子絵
   偕成社 1986年10月

 小さな子供に「サンタクロースは本当にいるの?」と聞かれたとして、その時あなたはどう答えますか?嘘を教えてはいけません。「いる」と答える?「いない」と答える?遡ること100年以上前、そんな難しい質問に、ぴたりと答えた人がいます。
 この本に記されているのは、8歳の少女バージニアからの「サンタクロースっているんでしょうか?」という質問に、投書に答える形で新聞に掲載された、ニューヨークのサン新聞社からの返事です。それは彼女に当てた手紙であり、ニューヨーク・サンの社説でもあります。今から100年ほども前に書かれ、今なお語り継がれるこの名社説で、記者は「サンタクロースはいる」と答えたのでしょうか?ぜひ、一度読んで確かめてみてください。
 目に見えないもの、信じる気持ちと想像力、大人になるにつれて忘れてしまう大切なことを教えてくれる一冊です。 

 

第102回 見てはいけない世界に惹かれてしまう人にオススメ

オススメ本
  図書館 学生アルバイト 生駒美怜
  私のオススメ
  『本の背骨が最後に残る』

   斜線堂有紀著
   光文社 2023年9月発行

 この本は表題作である「本の背骨が最後に残る」以外にも「死して屍知る者無し」「痛妃婚姻譚」「本は背骨が最初に形成る」などの七編が収録されています。
 どのお話も独特な世界観で、作者さんのアイデアや創造力に感動する一方、残虐なシーンが多いので、読んだ後かなり心に傷を負います。それほど、過激なシーンが多いにも関わらず、いつのまにか、残酷さと美しさが共存している不思議な世界観に魅了され、読むのがやめられなくなってしまいます。
 私のように、ホラーが苦手なのに話が気になって結局最後まで見てしまった、というような経験がある人はきっとこの世界観にのめりこんでしまうと思います。
 グロテスクな描写に話の印象を持っていかれそうになりますが、美しく切ない、すばらしい作品なので、ぜひ一度読んでみてください。

 

第103回 いろいろなことにいっぱいいっぱいになっちゃっている人にオススメ

オススメ本
  図書館 学生アルバイト 嶋田光紗
  私のオススメ
  『しないことリスト』

   pha著
   大和書房 2016年1月発行

 生きていると「しなきゃいけないこと」で溢れていていっぱいいっぱいになることが無いでしょうか。“勉強とお家での家事を両立させないといけない”“健康のために運動しないといけない”“予定は守らないといけない”…考えてみたら目の前にある課題から、無意識に守っている当たり前だと思っていること、生きていく中でいろいろな「しなきゃいけない」が存在します。……でも本当にそれって根を詰めてまでしないといけないことでしょうか。この本は〈いわゆる「しなきゃいけないこと」の99%は「本当は別にしなくてもいいこと」だ。〉心に余裕を持つために大切なのは自分の価値観であり、自分のペースを理解することだ、という考えの基、36個の「しなくてもいいこと」がぎゅっと詰まった1冊です。
 「イヤなことをしない」「感情を殺さない」「家賃を払わない」など確かに無理してしまいそうだなという項目から、そんなことも「しなくていいこと」なの⁉と思うようなタイトルまでいろんな項目があります。先に述べているように私は「家賃を払わない」がはじめ見たとき衝撃を受けて読んだのですが、分かりやすく表現が好きでとても面白かったです。自分の好きなところから好きなペースで読むことが出来るので、ぜひ読んでみてください。忙しいという方も良ければ手に取って少しでも興味がわくなあという項目を見つけられましたら読んでみてください。

 

第104回 思いが伝わる言葉を使いたい人にオススメ

オススメ本
  図書館 学生アルバイト 岡野 凛
  私のオススメ
  『伝える準備』

   藤井貴彦著
   株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン 2021年7月発行

 私のバイブルをご紹介します。
 皆さんは人に何かを伝えたい時、言葉をかけたい時、何と言うのが一番良いのか悩んだ経験はありませんか?
 この本は、アナウンサーの藤井貴彦さんによる、その日のニュースをいかに視聴者に伝えるか、どんな風に「伝える準備」をしているのかが書かれています。言い方、伝え方、準備の仕方次第で、聞き手の受け取り方(=自分への印象)は大きく変わることを教えてくれます。
 例えば、
  「その文章、あんまり面白くない。」 「今日のきみの仕事はいまいちだった。」
 これらの言葉をポジティブな言葉に変換してみると、どんな言い方になるでしょうか。藤井さんなら、こう言います。
  「あと少しで合格点かな。」     「いい時と比べると、惜しいね。」
 思ったことをただ単にそのまま伝えるよりも、聞き手のやる気やプライドに傷をつけずに、“もっと頑張ろう” と思える言葉ではないでしょうか。

  どんな言葉を、どんなふうに使うかで、あなたの印象はつくられます。
  発した言葉が、あなたをつくるのです。 (p.8)

 「伝える準備」のプロ・藤井貴彦さんが、多くの時間をかけて言葉を選び抜いた「伝える準備」のススメが、この一冊には詰まっています。思いが伝わる言葉を使いたい、春から新しい環境で頑張りたい皆さんに、とっておきのおすすめ本です。


※バックナンバーはこちらです