ホーム > 大学概要 > 沿革

沿革


島根県立大学

島根県立国際短期大学

平成5年4月1日
島根県立国際短期大学開学
 国際文化学科:100名

平成13年3月30日
廃止

島根県立大学

平成12年4月1日
島根県立大学開学
 総合政策学部総合政策学科:200名

平成15年4月1日
島根県立大学大学院設置
 北東アジア研究科博士前期課程・後期課程:各6名
 開発研究科修士課程:10名

平成21年4月1日
島根県立大学大学院北東アジア開発研究科開設
 博士前期課程 北東アジア専攻:5名
 博士前期課程 地域開発政策専攻:5名
 博士後期課程 北東アジア超域専攻:2名
平成24年4月1日
看護学部設置
 看護学部:80名

島根女子短期大学

島根県立松江女子専門学校

昭和21年3月30日
島根県立松江女子専門学校設立
 保健科、被服科

昭和29年 3月31日
廃止

島根県立保育専門学院

昭和28年4月1日
島根県立保育専門学院設立

昭和49年3月31日
廃止

島根女子短期大学

昭和28年4月1日
島根農科大学女子家政短期大学部開学
 家政科(生活専攻・被服専攻:各25名)

昭和36年4月1日
島根女子短期大学に名称変更

昭和39年4月1日
島根県立島根女子短期大学に名称変更

昭和40年4月1日
家政科生活専攻を食物専攻に名称変更
 入学定員変更(食物専攻・被服専攻:各40名)

昭和48年4月1日
保育科設置(50名)

昭和60年4月1日
被服専攻を生活科学専攻に改組

昭和63年4月1日
文学科設置(国文専攻・英文専攻:各50名)

 

看護短期大学

島根県立総合看護学院

昭和26年5月23日
島根県立看護学院設立(2年課程)

昭和28年4月1日
島根県立高等看護学院に昇格(3年課程)

昭和29年4月1日
島根県立保健婦専門学院設立(昭和59年3月31日廃止)

昭和32年1月22日
島根県立中央病院附属高等看護学院に名称変更

昭和42年1月1日
島根県立高等看護学院に名称変更

昭和49年4月1日
島根県立出雲高等看護学院に名称変更

昭和57年4月1日
島根県立総合看護学院に名称変更(助産学科新設)

昭和59年4月1日
保健婦専門学院と統合(保健学科、助産学科、看護学科)

平成10年3月31日
廃止

看護短期大学

平成7年4月1日
島根県立看護短期大学開学
 看護学科:80名

平成10年4月1日
専攻科設置
 地域看護学専攻:30名
 助産学専攻:15名
平成24年4月1日
地域看護学専攻を公衆衛生看護学専攻に名称変更
 


平成19年4月1日
公立大学法人島根県立大学設立