ホーム > 国際交流 > 海外研修 > 異文化理解研修

異文化理解研修

Topics

現在、募集事項はありません。

「異文化理解研修」に参加するメリット

1.手厚い奨学金

学生全員に参加のおよそ20%程度(2019年度実績の場合)の本学独自の奨学金「海外研修奨学金」を給付する制度があります(返還不要)。

2.凝縮した研修内容

本学の交流協定校である海外の大学において、現地の教員から語学を学べます。その他、様々なプログラムが用意されています。

3.現地チューターによる安心サポート

中国以外の地域は、日本語が話せるチューター(指導員)が日常生活や研修活動をサポートします。中国については、全日程に本学教職員が同行します。

4.危機管理体制

本学から海外の大学までの往復旅程には、本学の教職員が同行(または国内発着空港まで送迎)します。研修先の大学と本学は、常時連絡が取れる体制を整えています。研修中のトラブル対応は、必要に応じて教職員が現地に出向き、大学との連絡や事故発生の際の対応をします。 

5.複数国への参加が可能(卒業単位として認められるのは4単位まで)

参加期間が重ならない場合は、1年に2カ国の異文化研修に参加することができます。但し、卒業に必要な単位数は4単位までです。

3か国目以降は自由科目扱いとなり、卒業に必要な単位としては認められません。

また、同一コースに複数回参加する場合も2回目以降は単位として認められません。

コースについて(2021年度)

次の5か国より、コースを選択できます。なお、研修費用および大学奨学金は、為替の変動、研修先の大学の料金変動、参加人数等により変動します。

国名  研修先の大学  最小催行人数  対象学生(キャンパス) 研修期間  自己負担額 ※1
韓国  蔚山大学校  1名 浜田  8月に約3週間 16.8万円程度
中国  中央民族大学  5名 浜田  8月に約4週間 18.4万円程度
ロシア  ゲルツェン記念ロシア国立教育大学  5名 浜田  8月に約3週間 24~28万円程度 ※2
カナダ  ランガラカレッジ  5名 浜田、出雲、松江  8月に約3週間 32.4万円程度
ハワイ  ハワイ大学  5名 浜田、出雲、松江  3月に約3週間 32.8万円程度

※1:2019年度の実績(海外研修奨学金からの支給額を除く)です

※2:新研修先につき、数字は現時点の想定額です

各国のプログラムについて

韓国

韓国語授業、文化体験、参観活動、現地の学生と交流 ※宿泊は、研修先の学生寮です。

中国

中国語授業、文化体験、参観活動、現地の学生と交流 ※宿泊は、研修先の学生寮です。

ロシア

ロシア語授業、文化体験、参観活動 ※宿泊は、研修先の学生寮です。

カナダ

英語授業、コミュニティ体験、参観活動、ホームステイ

ハワイ

英語授業、文化体験、参観活動、ホームステイ

募集から渡航、帰国まで

本学では、海外研修を安全、且つスムーズに実施することを目的に オリエンテーションやセミナーを実施しています。

異文化理解研修に参加する学生は、 「オリエンテーション(全4回)」および「海外安全対策セミナー」に参加しなければなりません。

  ハワイを除く各国  ハワイ  内容 
募集説明会  前年12月頃  前年12月頃  学内メール等でお知らせします 
募集締切  4月中旬頃  10月中旬頃  浜田キャンパス連携交流課に提出してください。 
オリエンテーション(第1回)      研修費用の確認、グルーピング活動 
オリエンテーション(第2回)      海外旅行保険や海外研修奨学金についての説明、振込依頼 
研修費の払い込み  6月下旬  12月中旬  各自、指定の口座に払い込んでください。 
オリエンテーション(第3回)      前年度の参加者との意見交換 
オリエンテーション(第4回)      海外安全対策セミナー 、課題についての説明
学内奨学金支給  7月下旬  12月下旬   
レポート提出      ※語学試験の受験を課す場合があります 
窓口について

浜田キャンパス 連携交流課(TEL 0855-25-9063 Mail h-renkei@u-shimane.ac.jp) 

評価方法  ※詳細はシラバスを参照してください

(1)研修中の態度

(2)オリエンテーションへの参加状況

(3)レポート提出

申し込みにあたっての注意点(誓約内容)

 参加申込書の提出により、以下の誓約内容に同意したものとみなします。

1.当研修は授業科目であること

2.当研修に関するオリエンテーション、および海外安全対策セミナー等も授業の一環であり、必ず参加すること

3.当研修の受講により、同期間に開講する他の授業科目が履修できなくなること

4.保護者の同意の下、自らの意思と責任で参加・行動すること

5.申込後、やむを得ない理由以外での辞退は認められない(自己都合での辞退には、キャンセル料が発生する)

6.申込後、研修を実施できない理由(研修参加希望者が少数であった、国際情勢により実施困難等)により、研修が中止になる可能性があること

7.申込後、予定人数を過えた場合は選考が行われること

8.出発前までに、大学指定の海外旅行傷害保険(学研災付帯海学)に加入すること

9.研修中の集合写真および個人写真等は、プログラム運営上、安全管理上および広報目的により、本学が使用すること

10.帰国後は速やかに、報告書やアンケート等の必要書類を提出すること