熱中症に注意を!

熱中症に注意を!

保健管理センター


 梅雨明けをして、毎日30度を超える暑い日が続いています。ニュースで熱中症のため救急搬送と報じられることが多くなっています。7月下旬から8月上旬は熱中症が起こりやすい時期です。体が暑熱環境や、体の発熱に馴れていないためで、急に暑くなった時は体を暑さに少しずつ馴らしていく必要があります。
 熱中症は、汗で体の水分や塩分が多量に失われて、体の中と外のあつさによって引き起こされます。(熱中症の漢字は、“熱に中る(あたる)”という意味があります)
 熱中症の症状は、四肢や腹筋の痛みをともなった痙攣などの軽い症状から、めまい、疲労感、頭痛、失神、吐き気、嘔吐などの中等度、そして、重症になると意識障害、過呼吸、ショック症状などが、軽い症状から重い症状へ進行することもありますが、極めて短時間で急速に重症となることもあります。
 熱中症予防のためには、こまめに水分補給(スポーツドリンクなど)をし、適切な服装(吸湿性や通気性のよい素材で白系統の色にする。直射日光は帽子で防ぐ)に心がけましょう。
 その他に、特に暑い時期は、下痢になりやすいので、脱水状態には注意が必要です。肥満の人、発熱、疲労、二日酔い、体調不良、睡眠不足なども熱中症と関係しますので、予防に一層気をつけて下さい。

熱中症予防の原則

日本体育協会「熱中症予防の原則」より

下記のホームページも是非見てください。
環境省 「熱中症環境保健マニュアル」2009年年6月
 http://www.env.go.jp/chemi/heat_stroke/manual.html
文部科学省
 http://www.icsss.jp/pdf/yobou_090712.pdf