令和4年度 ボランティア活動報告

令和4年度 ボランティア活動報告

<2022.12.7>浜田高校「ちょこっ・トーク」

 高校生は初対面の相手かつ難しい課題でも即座に会話を始め話が途切れることはありませんでした。コミュニケーション能力、決断力に目を見張りとても感銘を受けました。見ず知らずの相手と話すことは誰もができることではないと思います。とても楽しい時間を過ごすことができました。(4年生・谷岡直輝)

<2022.11.9~12月末>浜田のまちの縁側(子どもの居場所)

 参加している子どもの言動をよく観察し、子どもの気持ちをよくくみ取ってくださる姿勢が感じられ、子どもたちの安心につながっている印象です。11月から可能な限り「子どもの居場所」に来てくださり、交流してもらっています。子どもの権利と居場所づくりについて話し、それを聞いてくださったことが縁側を知るきかっけとなっており、まちの縁側の子どもの居場所が大事にしていることを伝えたうえで協力いただいている点もよかったと思う。今後何か主体的な企画など要望があれば対応したい。(依頼者さんからのご感想の抜粋)

<2022.10.19>献血呼び込み

 10月19日水曜日、島根県立大学浜田キャンパスにおいて献血を実施しており、その呼び込み活動を行いました。浜田ライオンズクラブの方と一緒に行いました。また機会があれば参加したいと思います。(1年生・三橋巧弥)

<2022.10.2>岩国基地の方々と海岸清掃

 10月2日にアクアス近くの海岸を米軍岩国基地、ボランティアを主催してくださった方々と協力し清掃活動をしました。県大生は1年生男子3人と女子1年2人と4年生の先輩が1人参加していました。最初は外国の方と話すことに躊躇してしまいました。けれどごみ拾いが始まりメンバーがバラけた後自分から勇気を出して声をかけたアメリカの方と最後まで話をすることが出来て自分にとってとても貴重な経験が出来たと満足しています。
 出来る限り自分の英語で臨みたかったですが、時々会話を続けることが難しくなった時などは翻訳アプリを通し会話のキャッチボールが続くようにすることでよりコミュニケーションを円滑に進めることができました。僕のように英語に苦手意識がある人でもチャレンジしやすい環境になっていると感じました。(1年生・浅井喜道)

<2022.7.10>人形劇運営スタッフ

 今回、NPO法人浜田おやこ劇場のボランティアに参加したことで、大人だけでなく、子ども達とも関わった。そこで相手に合わせたコミュニケーションの方法をしなければならないと思った。(ニックネーム:雲外蒼天)