ホーム > 大学概要 > 安心安全への取組 > 平岡都さんを悼んで > 09/11/07 記者会見「平岡都さんを悼んで」島根県立大学学長 本田雄一

09/11/07 記者会見「平岡都さんを悼んで」島根県立大学学長 本田雄一

09/11/07 記者会見「平岡都さんを悼んで」島根県立大学学長 本田雄一

10月26日、夜以降、行方不明となっておりました本学学生の平岡都(みやこ)さんのご遺体が発見、確認されたとの警察からの発表を聞き、大変な驚きと共に大きな衝撃を受けています。元気な姿で戻って来てくれることを願っていただけに、最悪の結果となり、極めて残念でなりません。

平岡さんは、卒業後は海外に雄飛する夢を持ち、その夢の実現に向かって懸命の努力をしておられたとお聞きしています。その前途洋洋たる未来ある人生を、突然断ち切られた無念さを思うと、胸が張り裂ける思いが致します。

また、これまで、慈しみ、育てて来られた最愛のお子様を、このような状況で、全く理不尽にも奪われてしまったお父さん、お母さんの無念さは如何ばかりかと、お慰めの言葉もございません。

将来の夢に燃え、真面目に勉学に取り組み、いつも一生懸命に生きていた平岡さんに対して、このような所業に及んだ犯人に、抑え難い憤りを覚えると同時に、犯人が一刻も早く逮捕されることを願っています。

平岡さん行方不明の件がこのような結果となり、大事な学生さんをお預かりしていた大学としまして、安全を確保できなかったことについて、誠に遺憾であり、申し訳ない気持ちで一杯です。

大学としては、今後、学生の安全確保に全力で取り組み、地域の皆様のご協力も頂き、二度とこのような悲しい事態が起きることがないよう万全の対策を講じて行く決意です。

島根県立大学学長 本田雄一