令和4年度優秀卒業研究発表会を開催しました

本学では、学生たちが総合政策学として多岐にわたる科目を学ぶ中で、自己の新たな価値観の醸成と自立心を培うため、卒業研究に取り組んでいます。
こうした学生たちの学修成果を学内外に発表するため、令和5年1月25日(水)に「優秀卒業研究発表会」を開催いたしました。

発表者

財原 颯大(光延忠彦ゼミ)   地域コミュニティの持続性の差異を埋める理論についての考察
                      ―人口増減率と公民館の特徴の比較を通じて―

原田 龍 (別枝行夫ゼミ)    若年層における貧困とその課題

松本 侑樹山本健三ゼミ)    日本の出入国在留管理庁収容所における医療体制の整備
                                                 国内外の刑務所との比較を通して

大屋 歩結子(八田典子ゼミ)  日本におけるオーバーツーリズムの問題に関する一考察
                                                
ポストコロナの観光に向けて

■当日欠席者

阿知波 潤弥(岡本寛ゼミ)   公安条例による集団行動の規制
                                                
表現の自由の市民的公共性の価値に着目して

戎谷 ひな乃(村山誠ゼミ    移住者受入に対する 地域住民の 不安感 に関する研究
                                               
ヒューリスティックと バイアスからの一考察

田中 涼大(江口真理子ゼミ)  マスメディアにおける外国の研究:
                                                 2020年アメリカの新聞は武漢をどう表現したか

中田 茉衣(佐藤壮ゼミ)     紛争下のパレスチナにおける男性性ジェンダー規範
                                              
ドキュメンタリー『届かぬ声 パレスチナ・占領と生きる人びと』
                                                第1部から第4部における家族関係の事例から

古栃 龍生(久保田典男ゼミ)  島根県内中小企業における都市部のプロフェッショナル人材活用促進の方策
                                                ―支援機関に求められる周知活動とマッチング支援について

松田 健(福原裕二ゼミ)     日本におけるK-POPアイドルの受容と隆盛の要因
                                                韓国エンターテイメント社の戦術を中心に

01 02