ホーム > 国際交流 > 留学制度

留学制度

Topics

現在、募集事項はありません。


1.留学のための3つの制度について

    本学では、在籍しながら留学するための3つの制度を設けています。

【学則第25条による留学】

(1)協定留学 ・・・ 学内選考を経て、交流協定校へ留学する制度  該当する協定校は、学生交流覚書等を締結した大学のみとなる。

(2)認定留学 ・・・ 学生本人が希望する留学先を選定・出願し、その入学許可証を得て本学が留学することを許可し、留学する制度

【学則第26条による留学】

(3)休学留学 ・・・ 休学許可を得て留学する制度

第25条と第26条の留学制度の違い
   卒業要件としての単位/在学年数   本学授業料   手続き方法 
     25条留学   

・単位は、審査により認められる

・留学期間は、在学年数に算入可

 徴収する  「留学願」の提出 他
     26条留学    

・単位は認められない

・留学期間は、在学年数に算入不可

 徴収しない

 「休学願」の提出 他

 Pick up : 本学独自の「協定留学奨学金(給付型)」について

協定留学生候補となった学生の希望者を対象に、書類選考をおこない、留学先に応じた額の奨学金を給付する制度です。大学予算の範囲内で上位者から順に受給者が決まりますので、審査の結果によっては受給できないことがあります。 

2.協定留学について

  下記の6カ国・12大学と学生交流覚書等を締結しています(2020年 6月現在)。             

アメリカ合衆国    

  セントラル・ワシントン大学new_window

  ワナチ・バレー大学new_window          

中華人民共和国

 ★吉林大学new_window

 ◎中央民族大学new_window 

大韓民国

 ◆◎蔚山大学校new_window

 ◎啓明大学校new_window

 ◎培材大学校new_window

 ◎世宗大学校new_window

ロシア連邦

 ◎ロシア海洋国立大学new_window 

台湾

 ◎国立台中科技大学new_window

 ◎世新大学new_window

マレーシア

   アジアパシフィック大学new_window

★吉林大学では、友好交流自治体(島根県)による留学制度new_windowを利用できます。

◆蔚山大学校との間では、ダブルディグリー制度も設けています。 

印の大学は、交換留学対象校です。

留学対象者

留学開始までに、本学に1年以上(2学期以上)在籍し、卒業要件科目の単位を30単位以上取得する見込みがある者。

留学時期/期間

【春学期留学】 毎年度3月〜 / 6か月以上〜1年以内

【秋学期留学】 毎年度9月〜 / 6か月以上〜1年以内

留学人数

各大学と結んだ協定上の人数による  ※募集説明会の中で、人数をお知らせします。

留学スケジュール
   春学期留学 秋学期留学 
募集説明会の開催時期  7月   12月(または 翌年1月)
募集期間  募集説明会 〜 9月下旬   募集説明会 〜 翌年1月下旬
学内選考会(面接)  10月〜  翌年2月〜
留学開始  翌年3月〜  翌年度9月〜
費用

 授業料(本学分のみ)、教材費、生活費(寮費含む)

※ 交換留学は留学先での授業料が免除となりますが、本学への授業料を収める必要があります。

※ 協定留学候補生の希望者を対象に、留学先に応じた額の奨学金を給付することができます(「協定留学奨学金(給付型)」制度)。

単位認定

留学先の大学で修得した単位は、審査のうえ、本学の単位として認定を受けることができます(短期大学部を除く)。なお、単位の認定方針は学科による異なります。

3.認定留学について

学生本人が希望する留学先(大学)を選び、自ら出願します。先方大学からの入学許可証を得た(得る見込みの)上で、「留学願」を本学に提出してください。本学の学長がその留学を許可した場合は認定留学となります。

認定留学を希望する場合は、ゼミ担当教員に相談してください。「留学願」は、留学しようとする月の6か月前までに、教務課への提出が必要です。

留学対象者

留学開始までに、本学に1年以上(2学期以上)在籍し、卒業要件科目の単位を30単位以上取得する見込みがあるもの。および留学を希望する大学からの入学許可証を得ている者、または見込みがある者。

留学期間

1年以内  ※ただし、1年に限り延長が認められる場合があります。

費用

授業料(本学分および留学先の大学分)、教材費、生活費(寮費含む)

※基準を満たせば「日本学生支援機構第二種奨学金(短期留学)制度(有利子貸与)」を利用することができます。

単位認定

留学先の大学で修得した単位は、審査の上、本学の単位として認定を受けることができます(短期大学部を除く)。なお、単位の認定方針は学科により異なります。

4.休学留学について

協定留学や認定留学に該当しない留学は、「休学願」を本学に提出してください。本学の学長がその留学を許可した場合は休学留学となります。(休学の期間は在学年数に算入されないため、卒業時期は伸びます)

休学留学を希望する場合は、まず、ゼミ担当教員に相談してください。学部長との面談後に「休学願」を提出することとなります。

留学期間

1年以内  ※ただし、休学理由が解消しないことを本学の学長が認めた場合は、1年を限度として延長することができます。

安全な渡航のために      

本学より留学する学生は必ず、海外傷害保険「学研災付帯海外留学保険(保険料は5〜10万円程度)」に加入します。渡航前には「海外安全対策セミナー」を開催し、学生の危機管理意識を高めています。

また、本学では外部機関と連携し、海外有事の際の速やかな状況把握・対応に努めています。