ホーム > 地域連携・国際交流 > 大学教育改革への取り組み(GPなど) > 大学間連携ソーシャルラーニング > 平成28年度「ボランティア・プログラム」を開講しました

平成28年度「ボランティア・プログラム」を開講しました


 平成28(2016)年6月3日(金)に山陰地域フィールド教育開発プロジェクトの授業「ボランティア・プログラム」を開講しました。この授業は島根県立青少年の家サン・レイクと連携したもので、ボランティアの意義を体得し、主体的に活動することのできる人材育成を目指すものです。授業は事前学習→実習・基礎編→実習・実践編→事後学習の4部構成で進めていきます。毎年履修希望者が多いことから、今年度は通年開講とし履修定員を35人に増やしました。


【事前学習】6月3日(金)
 事前学習は本学で行われ、島根県立青少年の家 社会教育主事の方からボランティアの意義について講義がありました。

事前学習1 事前学習2      

                [講義・ロープワーク]


【実習・基礎編】7月2日(土)・3日(日)
 島根県立青少年の家サン・レイクにて実習の基礎編「ボランティア活動支援者養成講座」を1泊2日で行いました。

 1日目は体験活動の意義と支援についての講義、リスクマネジメントやキャンプファイヤーについて講義・演習がありました。

リスクマネジメント1 リスクマネジメント2

演習1 キャンプファイヤー

            [リスクマネジメント・キャンプファイヤー]


 2日目は早朝からキャンプファイヤーの片づけ、火起こし・野外炊飯の講義・演習がありました。

火起こし 火起こし

                  [火起こし演習]

野外炊飯1 野外炊飯

野外炊飯2 野外炊飯3

野外炊飯6 野外炊飯7

野外炊飯4 野外炊飯5

             [起こした火種で野外炊飯をしました]

 2日間の実習をとおして、ボランティア活動に必要な理論や技術について実践的に学ぶことができました。実践編は6グループに分かれ、秋から冬に行われるサン・レイク主催の幼児対象体験プログラムにボランティア・サポーターとして参加し、その活動の中で実際の支援の在り方を学びます。