地(知)の拠点整備事業とは

 地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)の概要

 文部科学省「地(知)の拠点整備事業」は、『自治体と連携しながら、全学的に地域を志向した教育・研究・地域貢献を進める大学』を支援するために、平成25年度より開始された事業です。問題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的としています。

 平成25年度は、全国の大学・短期大学等から319件の申請があり、その中から、本学を含む52件が採択されています。

 本学では、「地域と大学の共育・共創・共生に向けた縁結びプラットフォーム」と名付けた事業計画のもと地域貢献活動に取り組みます。

 

※ 詳細は、文部科学省ホームページをご確認願います。http://www.mext.go.ja/a_menu/koutou/kaikaku/coc (外部リンクが開きます)