本学「地(知)の拠点整備事業」の紹介

事業名称 

 「地域と大学の共育・共創・共生に向けた縁結びプラットフォーム」

 事業概要

『縁結びプラットフォーム』とは?

~地域の方と大学の話し合いの場です~  

  本学では、これまでも各キャンパスがそれぞれの特性を活かし(キャンパス・プラットフォーム)、教員個人や、ゼミや授業、教員の研究グループ、学生ボランティアなど、地域貢献活動に関するさまざまな取り組みを行ってきました。

 本事業では、この取り組みを更に進める為、地域ニーズ(要望)と大学シーズ(資産)のマッチング(=縁結び)を図る場である『縁結びプラットフォーム』を構築し、地域と共に将来を担う人材を共育し、住み良い地域を共創し、持続可能な共生社会の実現を目指します。

 浜田・出雲・松江キャンパスの専門性と総合力を活かし(全域プラットフォーム)、地元自治体や企業・団体、NPO等と協働して、地域に開かれた大学として地域社会へ貢献します。

 主な取り組み例として、

<教育> 

<研究>

  • 教育の地域課題研究の推進

<社会貢献>

  • 学生ボランティア

           等を行います。

  

※「共育・共創・共生」とは

  • 「共育」…地域とともに人材を育む
  • 「共創」…知見を集積し、住み良い地域の姿を創造する
  • 「共生」…地域の良さを活かし、持続的・自立的に発展する